『鏡餅』として!

昨年末から、僕には、とても重要な役割がある気がすると…ずっと考えてました。


それに気付いたんです。


僕…『鏡餅』でした。


だって…何故か今年は、早朝…。正月からカポキッチンの厨房に入って、昆布だしを取り始めたんだから…。






我が家に伝わるお雑煮を無意識に作り始めていたから、驚きでした!


そして…焼きました。


そして…大切な仲間達に振る舞う事も出来ました!!






正月元旦から…俺。こんな事した事無くて…


それで…気付いたんです。俺…『鏡餅』みたいだなって。


元旦の、お雑煮作り終えて…。くあふぉりのトイレの鏡に映る自分を見て…『お前!鏡餅になってるぞ!』って。


そしたら、アミちゃんが…。






描いちゃった!


俺の、初詣で。ここで完結してしまったさ。


なんて!めでたい元旦。


その後…飲んださ~飲みまくったさ~






よせば良いのに…


酔っ払っちゃった~


何年ぶりかの日本酒は、効いたね~


次の日、なんか顔の横、痛えな!って思ったら、左のコメカミに縦にスーッて。傷が入ってた。


そして、更に、左太ももの横の上のピンポイント。一部分だけを、押すと『ギャー』ってするほど痛かった。


鏡餅。初日、元旦から負傷…。


でも、皆んなに守られて楽しくて。そして、いつもと違って特別で。


きっと、これ『鏡餅』に、なれたからなんだ!『うん!』そう、思っています。


遅ればせながら、新年の粗々な報告でした。

コメント

非公開コメント